歯周病

歯周病とは

最近、歯科関係のコマーシャルなどでよく耳にする「歯周病」という言葉。
どういった病気かご存知ですか?

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、その歯周病菌が増殖して体の抵抗力を上回ると、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう感染症です。

歯周病の症状チェック

こんな症状が出ていたら要注意です。

□ 歯ぐきから血が出る
□ 口臭がするようになった
□ 口の中がネバネバする
□ 歯ぐきが腫れている
□ 硬い物を噛むと痛い
□ 歯がグラグラする
□ 歯と歯の隙間が大きくなり、食べ物がはさまりやすくなった

以上のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事も多いので、
少しでも「これって歯周病かな…」と思い当たる点があれば、すぐにでも歯科医院で診てもらいましょう

 

歯周病の特徴

“サイレントディディーズ”(症状も無く進行する病気)とも呼ばれ、日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。軽度の歯周病である歯ぐきのみの炎症だと治療も簡単ですが、歯を支える骨が溶け出す中等度・重度の歯周病ともなると数年にわたる専門的な治療が必要となってきます。
更に、治療が終わると完治し、 もう二度と罹らない、病気をぶり返すことは無いとお思いの方も多いと思います。

答えは、違います。この歯周病は「生活習慣病のひとつ」と言われており、ご自身の生活の状況を病気予防の方向に切り替えなければなりません 。
堀江歯科クリニックでは、再発防止のために治療後のメンテナンスをしっかりとサポートしていきます。

歯周病の原因とは?

歯周病は細菌が起こす感染症で、その多くは歯垢(プラーク)や歯石によるものです。

歯垢(プラーク)は細菌に食べかすが付着する事によって出来上がります。
そして歯だけでなく歯の周りに強力に付着していき、歯ぐきの炎症をおこさせたり、歯を支えている骨を溶かしたりしていきます。

歯石とは歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質で、細菌がたまりやすくなっています。歯垢(プラーク)は歯磨きで除去する事が出来ますが、歯石は非常に強固に歯の周りに付着しますので歯磨きでは除去する事が出来ません。
歯石の除去は、歯科医院で専用の器具・機械を使って行う必要があります。

その他歯周病を進行させてしまう要因

喫煙 タバコのニコチンが血管を収縮させる作用があり、歯ぐきの炎症の回復を遅らせます。
女性ホルモン 思春期・妊娠と出産・更年期と、女性にはホルモンバランスが崩れる時期があります。この時期に歯ぐきの炎症が起きやすくなります。
歯ぎしり 就寝中の歯ぎしりは、歯に強い力のストレスを加えます歯の周りの組織にダメージを与えてしまいます。
糖尿病 体の免疫力がさがり、歯周病菌に対する抵抗力が弱まります。
近年、逆に歯周病が糖尿病のリスク因子となる可能性を示唆する報告もなされています。
薬の副作用 慢性的な病気がある方は薬を常用しています。薬の副作用で歯周病が悪化することがあります。

歯周病治療の進め方

① 診査・診断(治療回数:1回)

レントゲン撮影による歯槽骨の検査・歯周組織検査・噛み合わせ・生活習慣のカウンセリングを行います。 検査の結果から、現在の歯周病の状況やどのように治療していくかを患者様とご相談の上、ご説明します。

② 初期治療(イニシャルプレパレーション)  

本格的な治療開始です。歯周病は患者様自身と歯科医、歯科衛生士が協力して治していきます。
この初期治療では歯周病の最大原因であるプラーク、あるいは歯石を取り除き、歯肉の炎症の改善をはかることを第一とし行います。

1)ブラッシングの確認(プラークコントロール)
磨き残しを確認し歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス等の上手な使い方を毎回ご指導いたします。
しっかり磨いたつもりでも、磨き残しは思った以上にあるものです。
このセルフコントロール(自己管理)は治療を成功させる重要なポイントです。
2)スケーリング(歯石除去)・ルートプレーニング(根面滑沢化)
歯石を取っていきます。ポケットの深い所は、麻酔が必要な場合があります。全体が歯周病に罹患している場合、通常4~6回に分けてしっかり取り除きます。
③ 再評価(治療回数:1回)

歯周組織検査を再度行い、治療前の検査結果と比較をします。治療の効果を調べます。
必要な場合のみ歯周外科手術を行う場合があります。必要の無い場合はメンテナンスへと進みます。

 必要な場合のみ歯周外科手術(治療回数:2~4回)

歯肉剥離掻爬術(flap operation)や、歯周組織再生手術(エムドゲイン・GTR法など)を行います。

⑤ メンテナンス(通常3ヶ月に1回) 

再評価の結果、問題が無ければ患者様の口腔状態により、1ヶ月~6ヶ月間隔でメンテナンスへ進みます。 歯周病はきちんとしたメンテナンスがされていないと再発する可能性が高い病気です。
このメンテナンス治療と日頃のプラークコントロールの良否によって歯の寿命は大きく変わります。

治療回数の目安

①~③までのおおまかな目安です。

軽度の歯周病の場合 治療期間約1ヶ月 来院回数4~6回(おおまかな目安です。)
中~重度歯周病の場合 治療期間約2~6ヶ月 来院回数10回以上(おおまかな目安です。)

歯周外科治療について

歯周病が進行し悪化すると、細菌によって歯の周りの骨(歯槽骨)が溶かされ、減少します。
歯槽骨は一度溶かされると、自然にはなかなか再生されません。
そのため、歯槽骨を再生するのに以下のような外科治療を行う場合があります。

GTR エムドゲイン
汚染源を取り除いた根面周囲にゴアテックス膜を設置することで、膜下の歯周組織の再生を促す療法です。 汚染源を取り除いた歯根面にエムドゲインゲルを塗布し、歯根の周囲組織の再生を促す療法です。

虫歯治療

虫歯(むし歯)とは

ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気で す。虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。
そのため、むし歯病原菌の酸に溶けた部分を取り除き、その部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布し、細い麻酔針を使用するなど、痛みの少ない治療を徹底して行っております。むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

虫歯治療について

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。
症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

 

全顎インプラント「all-on-4(オールオンフォー)」

インプラント傾斜埋入の応用であり、歯を全て失ってしまった場合に適用できる治療法です。
4本のインプラントを斜めにバランスよく埋め込み、その上に入れ歯のように繋がった10~12本の義歯を装着します。
上顎の場合は、骨の状態により6本のインプラントを埋め込む「All-on-6 オールオンシックス」を適用する場合もあります。

傾斜埋入と同様、きわめて高度な技術が要求される治療法ですが、手術直後に仮歯を入れることができる場合が多いのが利点といえます。

ただし、こちらもアゴの骨が全体的に薄くなっている場合には適用できません。

インプラントと歯周病

貴方がインプラント治療を余儀なくされているのはなぜでしょう。歯根の破折や、重度の歯周病など、抜歯の理由はいくつか考えられます。このとき、大切なことは「インプラントに変えればそれでいいや」とすぐに楽観視しないことです。なぜなら、原因によってはインプラントに替えてからも再発する恐れがあるためです。

当院では、インプラントを長持ちさせるために必要なことをお教えします。それを守っていただき、さらに定期検診にお越しください。そうすれば、インプラントがいつまでも楽しいお食事と健康を可能にしてくれるでしょう。

インプラント周囲炎が起こると、異物排除へ

インプラント付近の粘膜に歯垢が溜まり、炎症を起こすことをインプラント周囲炎と言います。炎症が起きると、インプラントを支えていた骨の吸収が起きます。インプラントの周囲を掃除し、綺麗にしてもまだ治らない場合は、一度インプラントを撤去することもあります。骨の吸収があまり起こっていないうちに再度埋入すれば、再びインプラントが植立出来ます。

 

天然歯の歯周病の場合は、病原菌を除けば健康な状態に戻ります。しかし、インプラント周囲炎の場合はインプラントが異物であるため、一度発症すると異物反応が起きてしまいます。歯周病原細菌の温床となる歯石、歯垢が溜まらないようにしましょう。

初めてインプラントを受ける方

インプラントは、正しく適用すれば多くのメリットが得られる治療法です。
第一に、入れ歯やブリッジと異なり、アゴの骨に人工歯根を直接埋め込むため、義歯がしっかりとアゴに固定されるという利点が挙げられます。

人工歯根は天然の骨と有機的に結合して身体の一部となるので、義歯のぐらつきなどがなく、食事の際にも天然の歯と同じ感覚で噛むことができます。

また、入れ歯やブリッジのように、周囲の歯に器具をかけて固定する必要がないので、健康な歯に負担を掛けないことにも繋がります。
審美的な観点でもインプラントは従来の治療法より優れています。

入れ歯の場合、義歯を固定している針金がほかの人に見えてしまうことは避けられませんが、インプラントは人工歯根にかぶせるように義歯を装着するため、外からパーツが見えないという特長があります。

また、義歯も患者様一人一人に合わせて専門の歯科技工士が作りますので、きわめて自然な見た目になり、周囲の歯並びから浮いてしまうことがないのです。

さらに、従来の治療法は義歯の劣化や摩耗が宿命としてありましたが、インプラントは口の中を清潔に保ってさえいればほぼ劣化することは有り得ず、生涯にわたって使い続けることができます。

八王子歯周病インプラントセンターより引用

インプラント成功の鍵は適切なシミュレーション

次世代インプラントに不可欠なガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、CT画像をもとにシミュレーションを行い、「ガイド」とよばれる手術時に口腔内にはめるテンプレートを作製します。
そのガイド通りにインプラントを行うことで、より正確な位置、角度に埋入することができます。
また、ガイドはストッパーの役割も持っていますので、的確な深さまでインプラントを埋入することができます。

インプラントと入れ歯

一昔前までは、歯を失った時の治療方法と言えば入れ歯でした。
夜中に水を飲もうとしたら、コップに中におじいちゃんの入れ歯が入っていた…なんてエピソードはよくありましたよね。
しかし、歯を失った時に選択ができる治療方法は入れ歯だけではありません。

近年では、入れ歯よりも違和感なく生活をすることができるとして、インプラントによる治療が注目を集めています。
インプラントと入れ歯が別の治療方法だと言うことを理解している人は多いと思いますが、具体的にどのような部分に違いがあるのかを理解している人は少ないですよね?
まず、一番の違いは義歯の装着方法です。

インプラントは歯茎の下の骨に根元となるネジを埋め込んで、そこに義歯をはめ込むのですが、入れ歯は、歯茎の上に義歯を被せるかたちで装着をおこないます。
入れ歯による治療のメリットは、入れ歯の種類によっては保険診療に該当をするため、治療費を抑えることができることと、入れ歯を作ることのできる歯科医院が多いということです。
また、不具合があった時にメンテナンスがしやすいというメリットもあります。

しかし、インプラントと入れ歯のメリットとデメリットを比べてみるとインプラントの方がメリットが多いことに驚かされます。
例えば、日常の手入れは、入れ歯の場合は毎日外して消毒をおこなう必要がありますが、インプラントの場合は、今まで通り歯磨きをするだけで済みます。
また、入れ歯の場合、噛む力が20%近くに落ちてしまうのに対して、インプラントは、自分の歯とほとんど変わらない強さで噛むことができます。

インプラントのメリット

注目すべきインプラントのメリットはたくさんあります。
まず1つ目は「噛める力が元通りになること」です。
インプラントが普及される前に主流となっていた入れ歯やブリッジは、残った歯の力で補えるようにすることが目的でしたが、インプラントは失った歯のように噛める力が復活できます。
つまり、元の歯のように噛める力を与えることができるのです。
違和感がまったくなく、今までのように食べ物を噛むことができるのはとても嬉しいでしょう。
そして2つ目のメリットは「がたつきがないこと」が挙げられます。
インプラントを取り付けるとがたつきがあるのではないか…と不安に思う人もいますが、インプラントの歯根は非常に固定性が優れているのでがたつきがまったくありません。
どんなに固い物でも安心して食べられるでしょう。

インプラントのデメリット

インプラントは優れている部分が大きいのでデメリットに目を向ける人が少ないです。
きちんとデメリットについて把握しておかなければインプラントの利用を間違ってしまうので注意しなければなりません。
そこで詳しくインプラントのデメリットについて説明します。
まず最初に挙げられるのは「手術を受けなければならないこと」です。
インプラントを利用する場合は顎の骨に人工の歯根を埋め込まなければなりません。その手術が必要になるのです。
手術にかかる費用はもちろんのこと、手術への不安もあるでしょう。
手術を受ける際は納得できるまで歯科医師から説明を受けることが大切です。
また、全身に疾患を持っている人はインプラントの手術が受けられません。
インプラントを利用したくてもできないケースもあることを知っておいてくださいね。
そして、インプラントを維持し続けるためには定期的に検診を受けなければなりません。
メンテナンスを行うことでより快適な口腔が維持できます。

高額なインプラントの料金について

隔年で全国の歯科医院を対象に「インプラント費用の徹底調査」を行なっている日本インプラントセンターの発表によると、2011年度のインプラント治療平均価格は32万5000円だったとのこと。

1人1人の患者さんによって治療内容も難易度も異なるため、この治療平均価格をそのまま費用相場だとは断言できませんが、大体良心的な医院でのインプラント治療の相場は検査・診断費なども含めて1本あたり「30万~45万」程度だと言われています。

さて、この「インプラント費用の徹底調査」において興味深いのが、『全国362院を調査した結果、1本あたりの価格差が最大で38万円も出た』という点です。

インプラント費用は果たして高額なのか?

インプラント費用インプラント治療は高額な費用がかかる治療方法であるため、そう簡単に、誰でも治療を受けることができないイメージがありますよね?
インプラント治療は、高い技術が必要な難しい治療ですから、ある程度の高額な費用がかかることは理解できますが、差し歯を1本入れるためにかかる費用が健康保険の適応内で3000~8000円、適応外でも4~20万円でおさまる時代に、1本あたり20~60万円もかかるインプラントの費用はやはり高額ですよね。
インプラントの治療費が高額である理由には、さまざまなことが関係をしていると言われています。

 

毎回、患者にあった義歯を作り直す必要があるため、当然、時間と労力がかかりますし、人件費もその分高額になります。
また、インプラントの種類は世界中に100種類近く存在をしており、その中から有能な技工士が制作をした安全なインプラントを使用すると、その分どうしても費用が高くなります。
日本で制作をされたインプラントよりも、海外で制作をされたインプラントの方が高額になる傾向があるため、好んで海外製のインプラントを使用している病院は、1本あたりの単価が高くなります。

サイナスリフトについて

上顎と上顎洞との距離が狭く、そのままではインプラントは不可能な場合で、ソケットリフト法では対応できない骨の高さが 4mm以下の場合に行う方法です。
一般的にサイナスリフト法と同時にインプラントの埋入は行わないため、サイナスリフト後に骨の増大と安定が完了するまで4~6ケ月程度の期間を待たなければなりません。しかし、上顎の骨の高さが 4mm以下の場合にはこの方法以外にインプラントを行うことは不可能です

 

サイナスリフトって何をするの?

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。

上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下方に拡大していきます。
同時に、失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていくので、歯槽骨の厚みが加速的に減少していきます。

上顎の歯槽骨にインプラントを入れるための高さが不足している場合、サイナスリフトによって骨の高さを確保する必要があります。
サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能です。

サイナスリフトとは、Maxillary Sinus Augmentation と言い、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を洞底部から剥離して挙上し、その挙上によってできた空隙に自家骨や骨補填剤を移植することにより上顎洞底部の位置を上げ、インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保します。

歯槽骨の厚みがある場合は、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで6~8ヶ月ほど治癒期間を置きます。 その後でインプラントを埋入します。(二回法)