インプラントと歯周病

貴方がインプラント治療を余儀なくされているのはなぜでしょう。歯根の破折や、重度の歯周病など、抜歯の理由はいくつか考えられます。このとき、大切なことは「インプラントに変えればそれでいいや」とすぐに楽観視しないことです。なぜなら、原因によってはインプラントに替えてからも再発する恐れがあるためです。

当院では、インプラントを長持ちさせるために必要なことをお教えします。それを守っていただき、さらに定期検診にお越しください。そうすれば、インプラントがいつまでも楽しいお食事と健康を可能にしてくれるでしょう。

インプラント周囲炎が起こると、異物排除へ

インプラント付近の粘膜に歯垢が溜まり、炎症を起こすことをインプラント周囲炎と言います。炎症が起きると、インプラントを支えていた骨の吸収が起きます。インプラントの周囲を掃除し、綺麗にしてもまだ治らない場合は、一度インプラントを撤去することもあります。骨の吸収があまり起こっていないうちに再度埋入すれば、再びインプラントが植立出来ます。

 

天然歯の歯周病の場合は、病原菌を除けば健康な状態に戻ります。しかし、インプラント周囲炎の場合はインプラントが異物であるため、一度発症すると異物反応が起きてしまいます。歯周病原細菌の温床となる歯石、歯垢が溜まらないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です