全顎インプラント「all-on-4(オールオンフォー)」

インプラント傾斜埋入の応用であり、歯を全て失ってしまった場合に適用できる治療法です。
4本のインプラントを斜めにバランスよく埋め込み、その上に入れ歯のように繋がった10~12本の義歯を装着します。
上顎の場合は、骨の状態により6本のインプラントを埋め込む「All-on-6 オールオンシックス」を適用する場合もあります。

傾斜埋入と同様、きわめて高度な技術が要求される治療法ですが、手術直後に仮歯を入れることができる場合が多いのが利点といえます。

ただし、こちらもアゴの骨が全体的に薄くなっている場合には適用できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です