高額なインプラントの料金について

隔年で全国の歯科医院を対象に「インプラント費用の徹底調査」を行なっている日本インプラントセンターの発表によると、2011年度のインプラント治療平均価格は32万5000円だったとのこと。

1人1人の患者さんによって治療内容も難易度も異なるため、この治療平均価格をそのまま費用相場だとは断言できませんが、大体良心的な医院でのインプラント治療の相場は検査・診断費なども含めて1本あたり「30万~45万」程度だと言われています。

さて、この「インプラント費用の徹底調査」において興味深いのが、『全国362院を調査した結果、1本あたりの価格差が最大で38万円も出た』という点です。

インプラント費用は果たして高額なのか?

インプラント費用インプラント治療は高額な費用がかかる治療方法であるため、そう簡単に、誰でも治療を受けることができないイメージがありますよね?
インプラント治療は、高い技術が必要な難しい治療ですから、ある程度の高額な費用がかかることは理解できますが、差し歯を1本入れるためにかかる費用が健康保険の適応内で3000~8000円、適応外でも4~20万円でおさまる時代に、1本あたり20~60万円もかかるインプラントの費用はやはり高額ですよね。
インプラントの治療費が高額である理由には、さまざまなことが関係をしていると言われています。

 

毎回、患者にあった義歯を作り直す必要があるため、当然、時間と労力がかかりますし、人件費もその分高額になります。
また、インプラントの種類は世界中に100種類近く存在をしており、その中から有能な技工士が制作をした安全なインプラントを使用すると、その分どうしても費用が高くなります。
日本で制作をされたインプラントよりも、海外で制作をされたインプラントの方が高額になる傾向があるため、好んで海外製のインプラントを使用している病院は、1本あたりの単価が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です