インプラントと入れ歯

一昔前までは、歯を失った時の治療方法と言えば入れ歯でした。
夜中に水を飲もうとしたら、コップに中におじいちゃんの入れ歯が入っていた…なんてエピソードはよくありましたよね。
しかし、歯を失った時に選択ができる治療方法は入れ歯だけではありません。

近年では、入れ歯よりも違和感なく生活をすることができるとして、インプラントによる治療が注目を集めています。
インプラントと入れ歯が別の治療方法だと言うことを理解している人は多いと思いますが、具体的にどのような部分に違いがあるのかを理解している人は少ないですよね?
まず、一番の違いは義歯の装着方法です。

インプラントは歯茎の下の骨に根元となるネジを埋め込んで、そこに義歯をはめ込むのですが、入れ歯は、歯茎の上に義歯を被せるかたちで装着をおこないます。
入れ歯による治療のメリットは、入れ歯の種類によっては保険診療に該当をするため、治療費を抑えることができることと、入れ歯を作ることのできる歯科医院が多いということです。
また、不具合があった時にメンテナンスがしやすいというメリットもあります。

しかし、インプラントと入れ歯のメリットとデメリットを比べてみるとインプラントの方がメリットが多いことに驚かされます。
例えば、日常の手入れは、入れ歯の場合は毎日外して消毒をおこなう必要がありますが、インプラントの場合は、今まで通り歯磨きをするだけで済みます。
また、入れ歯の場合、噛む力が20%近くに落ちてしまうのに対して、インプラントは、自分の歯とほとんど変わらない強さで噛むことができます。

インプラントのメリット

注目すべきインプラントのメリットはたくさんあります。
まず1つ目は「噛める力が元通りになること」です。
インプラントが普及される前に主流となっていた入れ歯やブリッジは、残った歯の力で補えるようにすることが目的でしたが、インプラントは失った歯のように噛める力が復活できます。
つまり、元の歯のように噛める力を与えることができるのです。
違和感がまったくなく、今までのように食べ物を噛むことができるのはとても嬉しいでしょう。
そして2つ目のメリットは「がたつきがないこと」が挙げられます。
インプラントを取り付けるとがたつきがあるのではないか…と不安に思う人もいますが、インプラントの歯根は非常に固定性が優れているのでがたつきがまったくありません。
どんなに固い物でも安心して食べられるでしょう。

インプラントのデメリット

インプラントは優れている部分が大きいのでデメリットに目を向ける人が少ないです。
きちんとデメリットについて把握しておかなければインプラントの利用を間違ってしまうので注意しなければなりません。
そこで詳しくインプラントのデメリットについて説明します。
まず最初に挙げられるのは「手術を受けなければならないこと」です。
インプラントを利用する場合は顎の骨に人工の歯根を埋め込まなければなりません。その手術が必要になるのです。
手術にかかる費用はもちろんのこと、手術への不安もあるでしょう。
手術を受ける際は納得できるまで歯科医師から説明を受けることが大切です。
また、全身に疾患を持っている人はインプラントの手術が受けられません。
インプラントを利用したくてもできないケースもあることを知っておいてくださいね。
そして、インプラントを維持し続けるためには定期的に検診を受けなければなりません。
メンテナンスを行うことでより快適な口腔が維持できます。