インプラントと歯周病

歯周病は、ギネスにも載った世界でもっとも患者数が多い病気。
日本人の30歳以上の8割が歯周病、もしくはその予備軍と言われており、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。
インプラントをお考えの方のなかには、歯周病で歯を失ってしまった方も多いと思います。

そもそも歯周病ってどんな病気??

「歯周病」とは、歯を支えている歯茎や骨などが、炎症によって徐々に侵されていく病気のことです。

進行が進むと、歯周ポケットから膿が出て、口臭もひどくなります。そして、歯槽骨(しそうこつ・歯や歯茎を支えている骨)がさらに溶けると、歯がグラグラするようになり、最終的には歯が抜け落ちる恐ろしい病気です。

また、口の中(口腔環境)と全身の健康の関係が研究によって明らかにされつつあります。歯周病の原因菌が血液中に侵入し、心筋梗塞をはじめとした全身の病気を引き起こすと考えられています。

歯周病でもインプラント治療は可能か

歯周病にかかっている方がインプラント治療を行うことは可能です。しかし、実際には治療を受けて早々にインプラントが脱落したり、インプラントの寿命が短くなったりといった失敗の可能性が高まるため、通常は歯周病の治療から始めることがほとんどです。

インプラント治療を望まれる方は、歯周病によって多くの歯を失っていることが少なくありません。一方で、歯周病をそのままにしておくと、インプラントの細菌感染を招くだけでなく、残っている健康な歯もいずれ歯周病にかかるリスクが高まります。歯周病はインプラント治療において最大の障害といっても過言ではありません。

 

インプラント治療について

辞書でインプラントを調べると以下のような記載があります。
インプラント 【implant】
欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために,人工的に作製した器官・組織の代替物。または,それを埋め込むこと。人工関節・義歯・腱・血管など。三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

ここでは、歯科領域で行われている、デンタルインプラントの説明をさせていただきます。歯科で行われているインプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていましたが。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

現代多く行われているインプラントは純チタンか、チタン合金で出来ています。形はネジのような形や、シリンダー状、歯の根のように先に行く程細くなった形などです。インプラントの表面は昔は機械研摩してあるタイプが主流でしたが、現在では、粗造な表面構造で骨との結合(オッセオインテグレーション)が得られ易いタイプが多くなってきました。また、インプラント表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたタイプの物もあります。

主流は純チタンかチタン合金でできているタイプの物です。